Limited1024

車と鉄道とバイク、旅行がメイン。ミニカーや携帯やsimutransネタも
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
三江線

三江線が2018年3月31日で廃止になるので、6月に宇都井駅へ行ったり、12月に乗りに行ったりしていたのですが、また撮りに行ったりしていました。

 

これは作木口駅の近くの場所なのですが、撮りやすい場所ながら撮り鉄が全然いない穴場でした。

15時の列車なので、結構逆光なのですが、11時頃の列車ならしっかり撮れた場所だったんじゃないでしょうか(近くの式敷駅などで撮っている人が非常に多い)

 

これは宇都井駅の手前の橋です。車も停めやすい路肩にあって、撮影している人が多かったです。

ただやはり都会の臨時列車などとは違って近隣に車が増える問題と、その一方で撮影のポジションを取りやすいのは田舎らしかったです(他人と場所の取り合いになったりしていない)

 

最終日も結局ノリで宇都井駅へ行ってきました。近隣の人が交通誘導していたり、路肩中が車だらけになっていたり異様な光景でした。夏はまだそんなに混んでなかったし、また今年の夏頃には全然人も来なくなっているんでしょうか?(宇都井駅は名所になれそうですが)

 

ホームも東京もびっくりの混雑ぶりでしたし、周囲の車や見送る人の田舎らしからぬ多さが印象的でした。

 

正直、三江線は廃止になるしかないような路線ですし、芸備線の三次以北や木次線も必要性を感じない路線ではあります。

鉄道に頼らない公共交通の姿と、鉄道に頼らない観光集客の方法を考える必要があるように感じました。
三江線は災害にも弱いし速度も遅かったので、中国地方山間部の交通は、意外と雪が多いことによる災害の対策や、広島や岡山から車で数時間で山陰へ行けるアクセス性のメリットを生かしていくことが重要だと思います。
では
鉄道 * 17:02 * comments(0) * trackbacks(0) *
ランティスで呉・灰ヶ峰へ

ランティスで呉の灰ヶ峰へ行ってきました。

 

勾配が激しく、道が狭く、さらにまだ雪が残っていてPIRELLI P ZERO NERO GTの私には危険が伴う(ほどの雪ではなかったですが)道のりでしたが、頂上は造船所や江田島まで望めて、さすがの光景でした。

 

南に呉市街を望むので、夜に狭い道を登ることになりますが、夜景のほうが良さそうな気もします。晴れてるとめちゃくちゃ逆光なんですよねぇ

 

関東の峠もこんな感じのところがあって、すれ違いが難しいですが、登るのが楽しい限りです。

また、灰ヶ峰は入り口の分岐がわかりづらく、一回通り過ぎたのも面白かったです。

 

ご覧の通り手前が思いっきり影になっています。

 

山を下り、呉市街にある入船山記念館で司令官邸を見学して、また呉の山の中に入って海沿いでなく熊野町を経由して帰りました。

 

しかし、22年物のV6エンジンはシーリングがやられていて、毎度山を下るとオイルが燃えちゃって白煙を噴きまくり、後続車は車間距離を開け、車線変更をする始末でした。申し訳ない()

 

山道に行くとオイル消費が激しいので、そこは気を使わねばならない点です。

 

とはいえ、これから春が来て暖かくなりますしまた山道に行くと思います。

 

では

自動車 * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0) *
瀬戸大橋のつけ根で車の撮影

先日岡山まで行ってきました。

 

備中国分寺・備中高松城・吉備津神社へ行ったのですが、前者2箇所が思ったほどの賑やかさでなく、1回行くのは良いんでしょうけど、何度も行っても良いようなところかと言われたら微妙なもので、隣の広島における呉や宮島のような強力なコンテンツではないなと感じた観光でした。

備中国分寺は奈良時代からの歴史があり、備中高松城は秀吉と毛利家の戦いの跡なので、歴史的なネタや価値はあるのですが、単体の力が弱く、広島の呉はせいぜい歴史は明治維新以降のものでしかないですが各々の魅力を組み合わせることで「広島第3の観光地」化してきているのをみると、岡山にも頑張って欲しいと感じます。​

 

吉備津神社はその3つの中では賑やかでしたので、もし吉備津神社に行った際には他の2箇所にも是非行ってみてください。桃太郎に縁のある神社も魅力ではありますが、備中高松城や備中国分寺は確実にそこが歴史の舞台となったわけですが…この話はおしまいにしましょう。

 

写真もあるのですが、今回はそのネタでないので置いておきます。

 

観光が早く終わったので、岡山市を南北に縦断して鷲羽山まで行きました。

 

鷲羽山の瀬戸大橋のたもとにはいい感じの駐車場があるのですが、あまり車や人が集まっていないスポットです。

 

 

 

橋が近いので、ローだったりワイドだったり色々なアングルで写真が撮れます。

岡山・鷲羽山へドライブに行った際にはおすすめの場所です。

 

多分住所は倉敷市下津井田之浦1-15のあたりだと思います。

県道393号橋のすぐ東脇に小さな駐車場があります。
南向きなので快晴だと逆光なのが難しいところです。
曇っているほうがいいかもしれません。曇っている場合は当然露出高めで撮った方が良いと思います。
では
- * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0) *
MotoG5s

携帯電話を買い替えました。

 

本当はHTC Desire EYEの24回払いがまだ残っているのですが、バッテリの2年間の劣化・16GBしかないROM・突然起動しなくなったカメラ…となかなか辛いものがあったので一括で買い換えることにしました。

 

my5代目携帯(通算8台目)はMotorola G5sになりました。初「指紋センサ」搭載機

 

秋葉原のヨドバシカメラで30000円

 

MVNOにSIMフリー携帯を一括で買うと今までの携帯電話にあった「プラン説明・ハンコ・審査待ち」がないので、一瞬で端末が手に入ります。コレにビックリ(SIMフリーだから当たり前なのですが)

個人的には携帯キャリアは土管屋であればいいと思っているので、また2年後に買い換えるとしてもSIMフリー・MVNOのままでいると思います。

 

カメラの出っ張りが非常に気になります。カバーを付けたら平らにはなりますが…

MOTOROLAのロゴマークがgood

 

カバーは国内では殆ど売っていないので、ebayで中国から189円(1.7USD)で購入しました。3日に頼んで先日ようやく届きました。(これはまぁ国際郵便だから仕方ない)

 

HTC Desire EYEが手に入るMVNOということで、16年の3月に契約したUSENグループのU-mobile・5GBプランを使い続けています。

U-NEXTのポイントが貰えたり、ドコモ回線・5GBで1980円+通話料なので、MVNOを乗り換える予定は、現状ありません。

 

auを使っていた2013年のisai・LGL22から3台を並べても、さすがにこの5年間のスマートフォンの進化は落ち着いてきたように感じます。2010年-2013年あたりの進化は見ていて面白いものがありましたし、当時の自分は見ただけで携帯の型番が分かる程度には詳しかったのですが()

 

フルHD液晶・ROMが32GB(isai、G5sは32GB)あれば後はさほど欲張りを言わないので、昔ほど携帯電話にこだわりも薄れてきました。

 

個人的なこだわりはメーカを「SONY,LG,MOTOROLA,HTCの中で買いたい」というのがあって、過去のスマートフォンはどれもこの会社なのですが、特にMOTOROLAはコレでISW11M以来の2台目になります。

特にMOTOROLAとHTCはユーザが少ないので被らなくて気に入っています。LGは気の利いた機能が付いていたのでとても良いです(画面に描けるQメモとか、ウィジェットになっている電卓、画面2ノックでロック解除など)

 

2年後もはhuaweiやASUSにするかもしれませんが、やはりマイナーで被らないMOTOROLAかHTCにしたいです。

とりあえずは、G5sが長持ちすることを願っております。

 

では

コンピューター * 18:14 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 1 / 216pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS