Limited1024

車と鉄道とバイク、旅行がメイン。ミニカーや携帯やsimutransネタも
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ランティスのリアハッチ

マツダ・ランティスのリアハッチのダンパーが購入当初からヘタっていたのですが、財政的目処が立ったので注文・交換しました。

 

ebayでオーストラリアの業者が販売してくれていました!

純正部品が絶版の車でも「BA 323F gas struts hatch」とか入れて検索すれば出てきます

 

上図2枚の写真の通り、互換品なので形状がだいぶ違います。それでもマイナー車に合わせてステイまで作られているので大変感謝です。今までは手で目一杯まで上げてからドアが降ってこないようにするためだけの支えのようなものでしたが、交換してからは手を離しても上まで上がってくれる優秀なものになりました(新品なので却って閉めるのが重い問題があるが)

 

先月も実はスピーカを交換したので、結構いじれる部分はいじってきました。

ステアリングが劣化しているのと、タイヤ・ホイールを交換したいとずっと思っているので、冬にかけてはそのあたりが課題になりそうです。

燈火類LED化もしたいです。

 

あと最近乗れてないクロスカブにも乗りたい…

 

では

自動車 * 18:26 * comments(0) * trackbacks(0) *
ランティスの改善

今日はランティスいじりです。

 

助手席のドアトリムを剥がして

 

ここが経年劣化でカサカサになっていたので助手席に乗った方々から不満の声が挙がっていました(当然自分としてもなんとかしたかった)

車を見に行ったときからずっとここはヤスリがけをしようと思っていたので、ようやっとできました(今までフォグランプを交換したりしょうもないことばかりやっていたという説もある)

紙やすりは100番と600番の2枚を準備 2枚で100円程

 

結果的には手触りはマシなものとなりました。ただヤスリ粉が詰まっているのか色が白めになってしまったのと100→600は番手が上がりすぎて100番のヤスリ後が消えきれていないのも問題です。(300を間に挟むべきだったか)端の方もヤスリが届かず不十分なものとなってしまっています。

とはいえ以前の状態ではとても手が触れるものではなく、ザラザラと触るたびに粉が落ちる有様だったので、それに比較したら改善されたものと思います。

 

それからスピーカがこんな有様だったのでコレも早く交換したいですね。

ドアトリムを固定するピンも折れていたり、なくなっているものがあって必要締結数を満たしていなかったので、やはり90'sな車に乗っているとレストアめいた作業が必要になってきて厄介なものがあります。それを楽しめる人間なので良いですが。

 

自動車税45000円なのが誠に遺憾です。

 

では

自動車 * 22:26 * comments(0) * trackbacks(0) *
初の淡路・島根

GWに初の淡路島と島根(松江)に行ってきました。

関東から西日本に引っ越してくるとやはりどこへ行っても新鮮味があります。

 

29日には原爆ドームまで車で行きました。引っ越してから行ったのは初めてです。

 

 

松江にはGW最終日に行きました。宍道湖・松江城・玉造温泉を巡りましたがどこも良いところで、思っていた以上に楽しめました。出雲や石見銀山にも惹かれるのでまた行きたいです。

 

淡路島には一番GWで混む3日に行き、高速道路の渋滞にやられましたが、淡路島自体は思っていたほどの混雑ではなく、海沿いの道をドライブするのがおすすめです。道の駅あわじでのご飯もどれも美味しいのでコレもおすすめ(明石海峡大橋がよく見えます)

 

淡路島も松江も関東にいた頃はさほど興味のない地域ではありましたが、行ってみると楽しいものがあったりしてやはり「百聞は一見にしかず」だなと思います。倉敷や下関、鳥取や愛媛にも行きたいです(がまだ就職したてでお金がない)

 

引っ越してきてからも広島での生活を楽しんでいます。

 

自動車 * 20:59 * comments(0) * trackbacks(0) *
マツダ・ランティス

先月末に車がついに納車されました。

12月に契約していたのですが車庫証明やら90's車ならではの20年ものの不具合があって納車が遅れていました。

 

95年式のTYPE-X 5MTです.

 

ABSもエアバッグもないカセットテープのオーディオがまさに90's

 

KF-ZE型1995ccV型6気筒エンジンを搭載しているFF車です。マイナーで良い

 

オーディオはbluetoothのあるKENWOODのU300BTに交換しました(まだ不完全ですが)。また古野電気製ETCも取り付けて(なんと前のオーナさんETCすら付けていなかった)利便性は高まりました。

 

まだいろいろ細々した不具合があるので順次直していこうと思います。

車としての走行性能は高く、20年前の車としてはとても良いものと思います。コーナリングも安定しているし、エンジンもよく回り、静かです(高速は劣化のせいか風切り音が厄介)

 

今のところはとても満足しています。周囲とも絶対に被らないしデザインもカラーリングもとても気に入っています。

すでに所有しているクロスカブも魅力が多いですが、ランティスもまた違った魅力があって楽しいですね。双方大事にしたいです。

自動車 * 21:48 * comments(0) * trackbacks(0) *
1400円のドライブレコーダー

このgearbest大好き人間は,3回目もまた注文してしまいました.(1回目2回目)

今回は1400円のドライブレコーダーです(あと800円のXiaomi製イヤホン)今回はケチってDHLオプションを使わずにオランダ国際郵便で送ってもらったら7月21日注文→8月11日到着というエライ長い期間(しかも31日には入国していたらしいのに)がかかりました.まぁ今すぐ欲しかったわけじゃないのでいいですが20日もかかると長くしてる首も疲れてきますね.(しかも後半10日間も日本で何をされていたのか謎)

我が家のJC1ライフのAピラーのカバーをめくってアクセルペダルの上にあるヒューズボックスに接続します.Aピラーのカバーが何故か元から浮いてた謎現象(外しやすかったですし,戻すときにちゃんと押し込んで元通りにしたので良かったですが).

 

ヒューズボックスのヒューズのどれがアクセサリ電源かは各車の取扱説明書に書かれています(JC1ホンダライフは30番だったかな?).そこからエーモンの電源ソケット1000円→ドライブレコーダーのソケットと接続→

→吸盤で取り付けというわけです.この吸盤は結構優秀で取れません.自分の中では吸盤は高評価!

 

一番苦労したのはインパネ裏側にいかに余った配線と嵩張るソケット群を配線フック(ダイソーで買った,裏に両面テープがついてるアレね)を収めるかがインパネ裏側という難関な位置にあるがゆえに辛かったです.

ヒューズボックスから電源を取り出すときから配線を収めるまでずっと地面に膝をついて作業をしてたから膝が汚れるわけ()

 

 

ということで画質が悪いんですよねぇ

13インチのPCで見ると「アレっ」って感じでがっかりです.スマホの画面(4-5インチ程度)だから480pぐらいかもしれません()フルHDを謳ってるくせに()

 

結論として中国製ドライブレコーダーに騙されました!

 

しかし1400円ですからね,16GBのマイクロSDを除けば総工賃2500円ですよ(含んでも3000円?).普通のドライブレコーダーはそれだけで10000円しますから,まぁ「価格相応」と考えれば妥協もやむなし.

 

そういえば16GBのmicroSDを入れると大体3時間分ぐらい録ると古い動画が消えてますね.ただフルHDである必要性がありませんから,720pに設定変更すれば動画のデータサイズが小さくなってもっと古くても消えずにとっておいてくれるかもしれません.

 

自家用車ですが自分の車ではない(母親名義)ので,多分来年に自分の車を買いますからその時はもうちょっと高いのを買いましょう(またgearbestで中国製を買いそうな発言)車線逸脱警報付きのドライブレコーダーが10000円以下で売ってますからね(

 

では

自動車 * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0) *
ホンダライフの板金修理

先月,母が左折中にポールにぶつけたというのでホンダライフの板金修理をしました.

 

左リアドアにポールの塗装も残ってしまっています.浅い凹みが広範囲に広がっていたのでドアは交換だろうなという印象.

ボデーの方は塗装が剥げていて,梅雨のせいで早々に錆びてしまいそうです.

 

修理をどこにするか,いくらかというのは重要な問題です.

隣市にあるディーラ,板金修理「ピッカーズ」を請け負っているガソリンスタンド,イエローなハットに行って話を聞いてきました.

毛色の違う3種類の店で,板金修理をお願いする際の選び方がわかった気がします.

 

まずはホンダカーズへ→見積もりは後日ということで写真撮影をし,専門工場(ディーラ内ではなく別の場所で修理するらしい)の返答待ちに

 

次に黄色い帽子へ→広範囲な板金の為難しいとのこと.値段は概算で15万円.

こういう量販店の場合請け負ってくれるのは文字通りの小キズ程度なのではないかと感じました.ハンマを使わずに直せるような小石程度の凹みorこすり傷の修理,つまり「買い物の足」にしか使わないような車の場合は我慢して乗ってしまうような傷ですね.

 

最後にガソリンスタンドへ→電話で下請け工場へ連絡され,概算で12万円という見積もり書をもらい帰宅

 

数時間後,ホンダカーズより19万円の修理になると連絡が来ました.

 

それから自動車保険会社に連絡したところ,事故証明を警察からもらっていない物損事故でも,修理は可能だということ,その際は20等級が17等級に3年間下がり,自損事故自己負担額5万円と合わせて13万円以上の修理でないと元が取れず,お客様が損をするという説明を受けました.

 

以上のことから,ガソリンスタンドにお願いして板金修理をしてもらいました.

中古のリアドアを入手するのに手間取り,2週間程度代車生活でしたが,結果的に9万5千円で修理をして頂きました.

 

 

 

今回の板金修理を通じて,修理をお願いする際には使い分けをすると良いことが分かりました.

イエローなハット:小キズ修理

ガソリンスタンドのピッカーズ:中規模な修理だが安くあげたい時

ホンダカーズ:大規模な修理・13万円以上の保険適用時・めちゃくちゃ大事な大事な車等「お金を掛けても修理する価値がある」場合

 

ホンダライフのような「買い物の足」程度の車では,ホンダカーズでわざわざ直すほどの修理はお願いしないでしょう(車体価格が安いので,高額だったら乗り換えるでしょう),そしてカー用品量販店のような大した修理もできないような店にお願いするような傷だったら我慢して乗るでしょう.

 

クルマの修理は店によって値段が大きく異なることを実感した2週間でした.

自動車 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0) *
S660の展示を見てきた
原宿のhonda Advanced Design Studio tokyoでS660に関するデザインの展示をしているというので,我が学生フォーミュラチームのスポンサー訪問の帰りに見に行ってきました(当然スポンサー訪問が先で,せっかく都内に出るからそのまま家に帰るのもアレということで寄った)

私の大好きなクレイモデルとか(このステアリング下部のパンチング部やホンダロゴはどうしたのか気になる)


私の大好きなデザインスケッチがありました.
ただ,EV-STERにしろS660にしろ、何を目的にこのデザインに決定したのかという点がインテリア、エクステリア共に不明瞭なのが相変わらず「HondaDesign」の惜しいところだよなぁと思いました.
「Hondaの先進的なイメージ」と書かれていましたが、先進的すぎてユーザが置いてきぼりな気しかしません.
だからこうやって自分で追いつく努力をしないと魅力が伝わってこないように感じます.

ワイパーを3Dプリンタで作っていたのには感心しました.まさしく文字通り「ラピッドプロトタイプ」

インテリアのモックアップが展示されていましたが,とても精巧にできていて、電装品がどのようにして作られたのか気になります.

もっとデザイナがいて話しかけられるような展示だったらベストだったと思います(いろいろ聞きたいだけ).

NSX本邦初公開の時もそうですが,結局ホンダ好きで,結局自分はこういうのをわざわざ見に行っちゃうんだよなと思いました.

「だって先進的なHondaがみんな好きでしょ?」という自分らのブランドに甘えて好き勝手やってるような気がして最近のHondaは惜しいように感じます.
「そうなんだけどそうじゃない」

では
自動車 * 21:00 * comments(0) * trackbacks(0) *
東京モーターショー2015
最終日に行ってきました東京モーターショー
最終日に行くのは初めてかも知れません.97年と01-15の隔年毎度行っていますが,いつも最初の土曜とかに行っていた記憶.


モーターショーに帰ってきてくれたイタリア・フランス勢に喜んだり


AudiのWECマシンを見たり(ポルシェとトヨタも出して欲しかった・特にトヨタは前回のモーターショーでは出していたのに)

ルノートゥインゴの割りきりっぷりに感動したりしました.


なんといってもマツダのRX-VISIONがかっこよかったですね.それだけの価値があります.


いろいろとお世話になったスバル様のブースは相変わらずおしゃれ

地味に見てみたかったLEXUS GS F
パンフレットに誤植があって正誤表を一緒に配っていたキャストの皆さんは大変そうでしたw

スズキイグニスも気になりますね.市販するようなので早く乗ってみたいです.

ホンダNSXは青山本社→13モーターショー→15モーターショーと3度目の対面

シビックTYPE-Rもなんだかんだ実物を見るといいですね.
TsTechブースでシートに座ってメーカの人に色々話を聞けるのもまたモーターショーの楽しいところです.

マクラーレンホンダも実物を見るとかっこいい!
エンジンをなんとかして欲しいですね.サプライヤーがこのホンダなわけですが.

なんだか部品メーカの人とたくさん話していた気がします.
逆にトラックメーカなんかはすぐに見終わって帰ってきました.

2017モーターショーはどこかの出展社の一員になっているかもしれないと思うと感慨深い(?)ものがあります.

最終日はキャストが踊りまわったりして面白いですね.やっぱりモーターショーは毎度楽しいです.

では
自動車 * 20:22 * comments(0) * trackbacks(0) *
工場見学

今日は本田技研工業埼玉製作所狭山工場に行ってきました.

今まで小学生の時に富士重工,2013年8月にマツダ,2014年3月に日産エンジンミュージアム(横浜工場)へ行ってきましたが,大抵自動車工場ってのは見学ルートが別にあって隔離される感じで見学するものだと思っていましたが,狭山工場は生産ラインの中にまるで従業員のように入れたので臨場感が良かったです.
有名な部品メーカのコンテナがたくさんあったりブレーキのassemやサスのassemが電動車に乗って動き回っていたりして面白いですね.
個人的にあの電子ミュージックを流しながら走り回る電動車は好き.
メリーさんの羊はマツダもホンダも大好きみたいです.スバルはビビデバビデブーだった記憶.
レジェンドとか売れてるのかなぁと思いましたが結構生産していました.まぁ直前がオデッセイだったのであの時間帯で1日分の生産(予約)台数全部消化する的な形なんでしょうけど.
マツダはデミオもロードスターもいっぺんにラインに流れていましたがホンダは1本のラインに順番に流す形式の様でオデッセイの時間→レジェンドの時間→…と続くようです.どっちがライン工にとってはいいんでしょうかね.一応狭山工場はホンダ最古の非常に狭い4輪工場でありながら11種を生産するというなかなかハードなことをやっているようで「生産技術の改善の極み」という印象を受けました.

それから整理整頓・道具の管理の行き届き具合・安全第一な指示書やポスターの数々はさすが大手完成車メーカの工場という感じで感心しました.

スバル・マツダ・ホンダは私の好きな3大日本車メーカなわけですが(海外三大はSAAB、LANCIA、CITROEN)3社の工場を見られたのは良かったのかなと思いました.
工場で働くというのも面白そうに感じました.
勿論ガラスをはめるロボットの正確な動きやシートを付ける補助機械がしっかり車両にあたることなく車内にアームが侵入できる設計とかFANUCとかFANUCとか凄かったですが.
おそらく3年後はこういう業界で働いてるわけで,どんな分野であれああいう工業製品が社会に貢献するということに自分自身が関われるような人間になりたいですね.

では
自動車 * 19:17 * comments(0) * trackbacks(0) *
JC1ライフのスピーカー交換
我が家の自家用車であるホンダライフ(JC1)のフロントスピーカーを交換しました.


取り付けたのは我らが埼玉県にあるクラリオンのSRT1633です.ノジマオンラインで4000円ちょっと.

結論から言うと「4000円のイヤホンを買ったほうが幸せだったのでは?」という程度でしたが,音質は明らかに変わりました.


取り付け方法は説明書を読めばいいのですが,ドアの内張り剥がしが大変でした.ドアノブとアームレストの内側にある二箇所のネジを外し、(これはすぐ出来る)ドアと内張りの間にある隙間から雑巾とマイナスドライバーを差し込んでテコの原理全開でピンをバリバリと引き抜くわけです.
運転席側のドアのピンは1つ壊れましたねw(ピンというかブラケットが壊れたのでどうしようもなくなった)

そしてドアノブと内張りの固定してある爪を折り(気をつけましょう),パワーウインドウのカプラーが抜けず,(これはどうしようもないのでひたすら頑張るしかない)旧スピーカーを外す際にも爪を折ったわけですw
まぁ旧スピーカーは接着剤で止まっているのでマイナスドライバーで剥がし、スピーカー下部の爪を折ればすぐに取り外せます.
謎の白いピンもスピーカー上部に付いているのですが,これも破壊して問題ありませんでした.

困ったのはクラリオンのスピーカーブラケットとスピーカーの固定が出来なかった点ですね.
上図のネジ穴位置で固定するのが一番ぴったり行きました(運転席側の写真)ブラケットのネジ穴位置とスピーカーのネジ穴位置が全く噛み合わず,この角度でないと4点締結できなそうです.

クッションの貼り付けとケーブルの取り付けは車内でやる必要がないので事前に済ませておきましょう.

あとはドアの内張りの内側のスピーカー位置にあるリブをカッタで切り取ればOKです(これも樹脂が硬いので面倒).戻すときは窓枠に引っ掛けて内張りをひたすら叩いてピンを刺していけば戻るはずです.運転席側は内張りと内ドアノブのチリ合わせに失敗して雑になりましたが(これも注意しましょう)
運転席側が上手く行けば助手席側は早いです.(慣れても内張り剥がし,カプラー抜き,内張りのリブ切り作業に時間が掛るのは当然)

音質としては,音がはっきりしたのは感じました.やはり純正品が

こんな貧相なスピーカーですからね.光沢部なんてクリアファイル並みの薄さの樹脂ですし,中央部なんて指で押したら凹んだきり戻ってこないような素材です(厚紙?).

「交換しないよりは交換したほうが楽しい」ぐらいのものですかね.

では
自動車 * 00:18 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 1 / 5pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS